理事長ごあいさつ

 

_DSC0017のコピー.jpg

 

私は父の暴力に長年苦しみ続け、夢も希望も持たない子どもでした。大人になってからもそうです。

しかし、妻と出会い、子どもを授かり、たくさんの愛をもらいました。そして本当の愛を知ったのです。

 

そして絵本と出会い、地域の子どもたちの笑顔に出会ったときに、自分がなぜこの世に生まれてきたのか、過去と現在とか1本の線でつながりました。そう、私は父親が笑っていることの大切さや虐待・DVで苦しむ人たちの痛みを誰よりもわかっているのです。

 

 私の過去は神から与えられた試練であり、それを乗り越えた私の使命は、この世のすべての人を笑顔にすること。

あらじんの魔法でみんなを笑顔にします。
でも本当は知っています。魔法をかけられているのは私の方だということを。


                   理事長 心理カウンセラー あらじん(荒巻 仁)   


 

揖斐 正浩(副理事)
 
坪田 誠一郎

072a.jpg

「子育ては親の育ち直し」と感じます。子ども達と関わり合うたびに、自分の育った過程、自分の親や家族、友達などとの関係性を再度紡ぎ直す機会を得たように思います。そんな発見を得られたとき、感動したり感謝の気持ちを子ども達に抱き、子ども達にも優しくなれます。そんな場面に出会える機会を少しでも創出したいです。

 

S__4726810_mini.jpg

私は『運動から心を育てる』ということを理念に子どもたちの運動をサポートしています。子どもたちの運動はとっても大切です。たくさんの運動刺激与えてあげることは、運動能力を上げることにつながります。今子どもたちが、思い切り遊べる環境が少なくなっている中、大人がしっかりと支えていかないと思っています。私も、いち父親として子どもと体を動かしたり、一緒に何かに夢中になって遊んでいます。パパジャングルはその環境をを作ってくれる大切な活動です!子たちに未来を!

 

▲このページのトップに戻る